一人暮らしライフを満喫するための情報を発信するブログ、略して『ヒトラフ』。 ビジネスに恋愛に生活に、自由気ままに一人暮らしを満喫しちゃうための情報を随時発信していきたいと思います! ビジネスや、恋愛、一人暮らしに役立つマル得情報をオールジャンルで発信していきます! みなさんも一人暮らしライフを満喫しちゃいましょう!

保険

保険で貯蓄はホントに有効か?!保険加入の前に考えること。

みなさんこんにちは、管理人のひろかたです。

先日のこと、友人と話している中で

「結婚もしたし、そろそろ保険に入ったほうがいいかな?

どんな保険に入ったらいいかもわからないし、もし詳しかったら教えてほしい・・・」

という話題が出てきました。

確かに、社会人になり、結婚や子供ができたタイミングで保険への加入を考え出す方が非常に多いと思います。

今日は、保険に関して書いてみようと思います。


あなたはどうして保険に入るのですか??
漠然と、保険入ろうかな、なんて思う人はいないと思います。

結婚や出産などの人生の転機に、または、老後のお金の貯蓄のために保険を利用しようと考えつく人もいるかと思います。

では、どうしてあなたは保険に入ろうと思いましたか??

実際に、保険に入ろうと思う理由は、次のどのパターンかに当てはまると思います。
①老後の資産形成のために

②万が一の事故やけがの保障のために

③自分が死んでしまった後の家族のために

④子どもの学校の費用など、将来必要な資金のために

このように、保険に入る理由は自分だけではなく、家族や子どもといった

周りの人たちのために入ることもあるかと思います。

自分のことだけではなく、守るべき人がいるから保険の検討を始める人がほとんどです。

でも、本当に老後の資産形成や、もしもの時のために、保険に入ることは正解なのでしょうか?

保険以外の方法や、どの保険に入ることが一番いいのか?

しっかりと保険について知っておくことは必要です。

今回は、その中でも、老後の資産形成ということについてみてみたいと思います。
保険で資産形成することは本当に正解なのか? まず、老後のための資産形成に保険が有効なのかどうかを考えてみたいと思います。 高い保険料を支払って、将来戻ってくる保険料をしっかりとわかっていなければ、かけているだけ損です。 貯蓄型の保険は、大きく分けて3つ。 ◆終身保険(特に、低解約返戻金型) 終身保険と聞くと、「死ぬまで続く(死亡保障の)生命保険」というイメージが強い人が多いのではないでしょうか?? 終身保険や定期保険のような生命保険には、解約時に戻ってくる“解約返戻金”があるため、実は貯蓄性も持っているのが、終身保険です。 特に低解約返戻金型終身保険は、保障よりも貯蓄性を重視する方にお勧めの保険です。 低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金を通常より設定することで保険料を安くし、払込期間が完了した場合に、解約返戻金が支払いの総額を超えるため、多くのお金を受け取れる制度になっています。 ◆養老保険・学資保険 一昔前に貯蓄型の保険として流行ったのがこの養老保険です。養老保険は、死亡保障の生命保険に対し、生存保険とも言われます。 養老保険の特徴は、支払期限が完了したタイミングで保険金が返ってくるもので、基本的には、支払金額を下回ることがないため、強制的に貯金をしたいよ!という方にはおすすめの保険といえます。 一方、学資保険は、養老保険の一種で、子どもの教育資金を確保することを目的にされている保険です。 支払い満了日を子どもの大学入学の年にするなど、期限を設定することが多いです。 ◆個人年金保険 個人年金は、保険というよりも貯蓄商品と言えます。 積み立てた保険料は、満期後に年金形式で受け取れるようになっており、老後の資金確保という観点からは、非常に有効な保険と言えなくはないです。 貯蓄のために、保険にまで入る必要があるのか?? 見てきたように、確かに、貯蓄のための保険はいくつかあります。 しかし、本当に貯蓄のために保険にまで入る必要があるのでしょうか? 確かに強制的に貯蓄をすることができます。 しかし、あえて言うならば、貯蓄という観点だけで保険を選ぶことはやめておくべきです。 といっても、絶対にやめておくべきだ!ということでもありません。 自分の収入状況や、将来的のお金の流れ、そして、将来必要な資金がどれくらいになるのかということを十分に理解し、それに見合った保険で貯蓄を考えることは素晴らしいことだと思います。 将来の資金計画、人生の目標を整理するには、専門家の力を借りてみるのも一つの手 将来の資金確保のために貯蓄型の保険加入を検討している方は、ぜひ、自分の収入状況やこれからの所得の推移、また、将来にどれだけのお金が必要になり、そのためにはどれだけのお金を貯めていかなければいけないかを整理して考えていくことをおすすめします。 しかし、自分一人ではなかなか難しいことでもあります。 そんな時は、ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を持った専門家に相談することをお勧めします。
FPは、あなたのライフスタイルを整理し、将来の資金繰りやあなたに一番適した保険の提案までをしてくれる専門家です。
もちろん、相談料無料のFPさんも数多くいらっしゃり、“知り合いにそんな人いないよ!”という方は、無料相談ができる保険GATE保険トレンドなどのFPの相談所に問い合わせてみてください。 プロの知識とスキルを使ってあなたに合った貯蓄方法を考えてみてくださいね(^^♪



-------------------------------------------
人気投票受付中です☆ぜひ押してください(*^_^*)
 
20代サラリーマン ブログランキングへ

生命保険ってよくわからない②。【保険選びで見るべき3つのポイント】

みなさんこんばんは、管理人のひろたかです。

僕の職場は、梅田スカイビルにあるのですが、ただいま絶賛クリスマスツリー建設中です!!

DSC_0351
 
毎年思いますが、クリスマスシーズンにきらきら輝くあのツリーが
本格的な工事現場のごとくトラックで部品が運ばれてきて、クレーンでつり揚げられて建設されてるなんて
なんて非ロマンチックなのかw


ちなみに完成図はこんな感じです。

112
 

今年のライトアップは、2016年11月18日~12月25日の期間みたいですね。
▼詳しくはこちらから▼
http://sp.jorudan.co.jp/illumi/spot_0085.html
 




ということで、本題に入りたいと思います。
生命保険を検討しようと無料相談に行った僕が、無料相談とその後の調査にてわかった
生命保険を選ぶ際のポイントの二つ目を紹介したいと思います。

ちなみに、ポイントの一つ目は、
「はじめての保険選びは、いろいろな保険を扱っている相談窓口にいくこと!」
でした。
▼詳しくはこちらの記事から▼
http://hajimetenohitorigurashi.blog.jp/archives/7847079.html 
 


本日紹介するポイントは、
「どうせ、いつか払うならば、早い段階から支払いを開始したほうが10万円以上お得!」 


そもそもの話ですが、僕もいまだに、本当に今から生命保険に入る必要があるのか??と思っております。
まだ独身ですし・・・
ということで、今回は医療保険だけに的を絞って考えてみたいと思います。
まあ、どうしてかというと単純に僕が興味があったのが、医療保険だけだったからなので、個人年金などを知りたい方は、ほかのブログやホームページなど当たっていただけると幸いです。

保険の種類をまずは簡単にご紹介したいと思います。
 生命保険の種類は、一番大きな枠で言うと、
①死亡保険 : 保険を掛けている人が死んでしまった際に、お金が支払われる保険です
②医療保険 : 病気やけがになった際、その治療費や入院中にかかる経済的負担を軽減するためのお金が支払われる保険です
③がん保険 : 病気のなかでも特に治療代などが高い、がんの治療費などにかかる経費が支払われる保険です
④学資保険 : 将来の子供の教育費の積み立てを目的とした保険です
⑤その他  : 個人年金・傷害保険など

この中でも生命保険として、みなさんがイメージされるのが、①の死亡保険と②の医療保険ではないでしょうか?
今回注目する、医療保険に関してですが、基本的には、保障金額と支払開始の年齢が保険料の決定基準になっているものがほとんどです。

ちなみに、死亡保険の支払方法はたくさんあるので、専門家に聞いてみてください。


まず、僕が医療保険で注目した点は、
①支払開始年齢での保険料金の金額設定です。
たとえば、オリックス生命の医療保険新CUREという保険があるのですが、これは、支払いを開始する年齢で金額が大きく変わります。
一生涯支払いを続けるもので、入院日額5,000円のコースですと、20歳の時に払いだすと、1,252円/月で支払続けることになります。一方で、35歳から払いだすと1,877円/月かかります。
つまり、仮に70歳まで生きると仮定した場合、


20歳からの場合  1,252円×12か月×50年=751,200円
35歳からの場合  1,877円×12か月×35年=788,340円


で3万円以上の開きがあります。

また、同じ入院日額5,000円のコースで、60歳まで支払えば、そのあともずっと保障がのこるタイプの支払い方を選んだ場合

 
20歳からの場合  1,600円×12か月×40年=768,000円
35歳からの場合  2,936円×12か月×25年=880,800円


という風に、10万円以上の支払金額の差が出てしまいます。

これはどんな保険を選んだとしてもほぼ変わらないみたいなので、
どうせ払うならば、できるだけ若い時から支払いをスタートしているほうがお得だと言えます!!

生命保険ってよくわからない。【保険選びで見るべき3つのポイント】

こんにちは、管理人のひろたかです。
今月ももう30日です。明後日からは11月になりますね。

気温もどんどん下がってきて、大阪でもちらほらと厚手のコートを着ている方が増えてきました。
そして、10月といえばハロウィン!なんてことも忘れていて、昨日の晩、なんばにご飯を食べに行った僕は本当に馬鹿でしたねw

そう、なんばのハロウィンは、阪神優勝・年末カウントダウンに並ぶ大阪人のお祭りタイムだったΣヾ( ̄0 ̄;ノ 

こんな感じで、人がゴミのようでしたよ
キャプチャ2


そして、街中に仮装したギャルだらけ!
寒そうな人もたくさんいましたけど、風邪には気をつけてね。

キャプチャ
 

とまあ、なんばのことはこの辺で。

今年27になる管理人は、これまで、生命保険に入っておりませんでした。
もちろん、会社員なので社会保険や雇用保険といった国が保障してくれるようなものには入っておりますが、個人で支払うものに入っていなかったということです。


なぜ入っていないかって?

管理人の考え方では、こうです。
①結婚していないし、子どももいないから、死んでしまってもお金が必要になることがないから。
②仮に、支払ったとしても健康なまま年を取ってそのまま老衰死する確率のほうが高いんじゃないのか?
③今から払っていって、長期的にお金を取られるならば、結婚した時に払いだせばいいかな。
④そもそも保険の制度があんまりわからない!!!

ということで、結論としては、よくわからないから入っていなかったとことと、そもそも入っておくメリットがわからなかったということです。

で、ものはためしだということで、無料相談に行ってみよう!と
先日、保険マンモスというところで相談をしてきました。
どうして選んだからかというと、
単純に、保健相談サービスの利用に関する調査というもので、担当になるFP(ファイナンシャルプランナー)が一番いい!と売っていたからです。←すごく単純w
ちなみに、下記のリンクから保険マンモスさんのHPに飛べるので、よければ一度見てくださいね。
『保険マンモス』



ちなみに、無料相談に行く場合、僕のお勧めは、
①今回僕がやったみたいに、有力なFPさんが相談に乗ってくれるような会社をネット検索をし、申し込むこと
②速水もこみちさんがCMをやっている保険の窓口などの、いろいろな保険を扱っている相談所にいくこと
です。



初めての保険を入るときは、たとえば、知り合いに保険屋さんに働いている人がいるからその人から入ります。やそもそも保険会社の窓口や営業の人がすすめるようなところからはお勧めしません。

なぜかというと、保険のセールスマンは、自社の保険がうれてはじめて給料がプラスされていく仕組みなのですが、給料の上がり幅が大きな保険と、売ってもあまり給料が上がらない保険というものがあるようです。

つまり、仮にあなたが保険のセールスマンだった場合、どういった保険を売りますか??お客さんのためになるが、そんなに給料に還元されない保険ですか?それとも、お客さんにとってはベストではないが、給料の上がり方はベストな保険を売りたいですか?
こういうことです。
一方で、保険の窓口さんのような、さまざまな保険をあつかっているところは、相談にのってくれる窓口のひとももちろんサラリーマンなのですが、「保険の窓口」のサラリーマンであって、特定の保険会社のサラリーマンではないです。もちろん、どんな保険を売ったとしても給料は同じ。
そのため、いろんな保険会社からこれだ!という保険の選んでくれる可能性が非常に高いと推測しています。 


 ということで、上記に書いたように相談する際は、
①今回僕がやったみたいに、有力なFPさんが相談に乗ってくれるような会社をネット検索をし、申し込むこと
②速水もこみちさんがCMをやっている保険の窓口などの、いろいろな保険を扱っている相談所にいくこと
です。
で行ったほうがいいかなと思います。

 続きは次回のブログで記載しますね。
あ、ちなみに、今回は3つのポイントの第一弾!
~初めての無料相談をするときは、保険の窓口など、たくさんの保険会社さんの商品を扱っているところにそうだんしよう~
でした。 


 
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ