一人暮らしライフを満喫するための情報を発信するブログ、略して『ヒトラフ』。 ビジネスに恋愛に生活に、自由気ままに一人暮らしを満喫しちゃうための情報を随時発信していきたいと思います! ビジネスや、恋愛、一人暮らしに役立つマル得情報をオールジャンルで発信していきます! みなさんも一人暮らしライフを満喫しちゃいましょう!

家電

格安SIMで携帯代金を半額にしたい!

こんばんは、管理人のひろたかです。

最近、SIMフリーという言葉を聞くことがありませんか??

そもそも、SIMとは?
SIMカードは、「Subscriber Identity Module Card」の略。スマホやタブレットでネットや通話などをするために必要な小さなカードのことで、電話番号など固有の識別情報が記録されたICカードのことです。SIMカードには電話番号などの契約者情報が記録されていることもあり、利用者を特定する役割も果たしています。3GやLTEなどの電波はスマホにこのSIMカードを差さないと使えません。



海外でのSIMフリーの利用数増加が日本のSIMフリーに火をつけた!
これまで、各携帯会社がそれぞれSIMロック端末(SIMが各会社限定のものしか使えない携帯端末)がメインだったことに対し、海外では、SIMフリー端末が一般的で、一度購入したSIMカードで複数の携帯の端末を利用することができました。
日本では、SIMフリー端末がなかったため、海外からSIMフリーの携帯端末を輸入する人たちが増えてきました。

こうして、「国内でも正規のSIMフリー端末を使いたい」という要望がしだいに高まっていき、2012年から2013年にかけて国内で利用可能なSIMフリー端末が登場するようになりました。



SIMフリーのメリット
お使いの携帯電話を解約し、SIMフリーにすることでたくさんのめりっとがあります。
①携帯の契約によくある「2年縛り」から開放されるので好きなときに機種変できる。
②携帯会社を変えても、携帯電話の番号はそのまま利用できる。
③月々の通信料が格段に安くなる。
④海外での利用も簡単になる。



上記の中でも特に魅力的なものは、月々の通信料が格段に安くなることです!

いろんな会社が携帯業界へ参戦!
日本製のSIMフリー端末が増えてきたことから、キャリアやMVNO事業者(仮想移動体通信事業者)が、SIMカード型のモバイル通信サービスを次々と販売するようになりました。
巷でよく聞く「格安SIM」は、このMVNO事業者が提供するSIMカードのことを指しています。
これまで一般企業が参戦しにくかった携帯電話業界に、格安SIMの登場で、かなり激しい価格競争が起こりだしました。
なかでも激戦となっているのが、3G回線のデータ通信のみが利用できる“格安”のSIMカードで、なんと月額1,000円を切るところまで登場しました。


MVNO業者を比較してみる
データ通信に特化したり、通信料を制限することで格安でサービスを提供している業者がたくさんあります。
月額料金が最安級の格安SIMに絞って比較してみました。
 
DMM mobile(DMMモバイル)
10通りもの豊富なプランがあり、IIJmio回線を使用しているので通信速度も安定しています。超大容量の20GBプランもあり、たくさん通信したいけどできるだけ安くしたい方におすすめ。
1234





楽天モバイル
通信品質や実効速度も高評価。楽天グループの格安SIMなので、楽天をよく利用する人にはオススメの格安SIMです。もちろんポイントもたまります。
12345




ぷららモバイルLTE
定額無制限プランが一番の強みです。音声通話やテザリング機能にも対応で、非常に充実したプランです。自分がどれだけ通信を使うのかわからないが、とにかくたくさん使いたい!と言う方にはオススメです。

123456

特にお勧めのMVNO業者はこちら!

NifMo
ドコモの回線を利用しており、高速通信が可能。また、電話も利用でき、通信料金を安くしたいと考える方すべてにおすすめです! 
▼料金などの詳細は下記URLから▼ 
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NXFVB+1GZME2+2TNQ+TSBEB 

 

自分に合った業者を選んで、SIMフリーを利用してみてください!


 

インターネットを引くか否か

 こんにちは、管理人のひろたかです。

一人暮らしも少しづつ慣れてきて、毎日晩御飯も作れるようになってきました。
毎日自転車通勤なのですが、すこしずつ体が引き締まってきたんじゃないかな?なんか
思ったりしている今日この頃です。

毎日、少しずつ余裕が出てきたので、そろそろいろんな手続きをしていこうかなと思っています。
まずは、インターネット設備の充実を考えているのですが、インターネット回線を引くかどうかということを検討中です。

現在は、ノートPCでも必要だったため、契約しているUQWIMAXのWi-Fiルーターを利用してノートPCからブログを書かせていただいておりますが、せっかくデスクトップもあることなので、ネット回線を引こうと思っています。

ということで、まずは賃貸借契約書を見てみることにしました。
すると、インターネットは対応とのこと。
 
ちなみに、賃貸物件を借りる時に、
「インターネット完備」と「インターネット対応」
の物件があるみたいです。
 それぞれ
「インターネット完備」物件
回線とプロバイダの契約が家主との間ですでに結ばれており、LANポートにケーブルを差すだけで入居者はすぐにインターネットを利用する事ができる物件になります。手間のかかる契約や、工事のためにまたされるということもないので、便利です。しかし一方で、家賃にインターネット代が含まれてしまっていることと、夜間に回線が混んで使い物にならないなど、デメリットもあります。 

 「インターネット対応」物件
 回線が既にひかれており、プロバイダの契約をすれば、インターネットを利用できる物件です。大抵はNTTグループの回線が引き込まれています。NTTは国内最大手の回線業者なので、初心者でも安心して利用することができるでしょう。もしそのマンションが光回線に対応していれば、一番安心安全なフレッツ光を利用するチャンスです。


ということで、私もフレッツ光りを申し込もうとは思うのですが、フレッツ光りに関して少し調べてみましたので、レポートがてら紹介させていただきます。
フレッツ光は、全国の7割以上のシェアを誇るインターネット光回線サービスです。電話回線を利用してインターネットに接続するADSL方式に比べ、高速で安定した通信を行うことができます。回線が混みあう夜間でも、高クオリティの動画や音声を快適に楽しむことができるので、動画サイトをよく見る人や、オンラインゲームをする人には特におすすめします。もちろんちょっと調べ物をする程度という人にも、重たい画像や広告に悩まされることが無く、さくさくネットサーフィンできるのは魅力です。

自分のマンションがフレッツ光対応エリアにあるのかどうかは、NTTのホームページにアクセスすれば簡単にわかります。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

一人暮らしの準備 その3 ~その他の家具家電にお金を使いたくない人は、「ジモティー」で検索~

本日は、一日中社内でデータの処理などをしておりました。
管理人のひろたかです。

一人暮らしも秒読み態勢になってきたのですが、まだまだ荷造りに手が回っておらず、少しあせってきておりますw

そんななか、前回、一人暮らしの三種の神器とよべる冷蔵庫・洗濯機・電子レンジについて書かせていただきましたが、今回はその他の棚やたんすといった家具はどこで手に入れればコストパフォーマンスよく初期投資を抑えることができるのかを書いていきたいと思います。

前回の記事はこちら▼

一人暮らしの準備 その2 ~お金がないなら、とりあえず用意する家電は、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ~


 ということで、書いていきます。
実際に一人暮らしがまだ始まっていないわけですが、今から「お部屋のレイアウトはどうしよう」「便利な生活をしようと思うと〇〇が必要かな?」などいろいろな妄想にふけっていくのが、一人暮らしビギナーの考えでしょう。

しかし同時に、初期投資にそこまでお金をかけることもできないし、中古のものでもいいので一通り家具をそろえていきたいな。という方も管理人以外にもきっとたくさんいるに違いないはずです。

そこで、同期のS氏からいただいたありがたいアドバイス。
「 その他の家具家電にお金を使いたくない人は、「ジモティー」で検索」

???
「ジモティー」
初めて聞いた名前だな。なんだそりゃ?
と私は思いました。

「ジモティー」とは、 なんと全国都道府県に存在する「無料で家具や家電を譲ってくれる人を紹介する掲示板」だったのです。

マジか!!!

なんてすばらしい掲示板が存在したものかw



実際に検索してみました。
キャプチャ
 
※管理人は大阪に住みますので、大阪で検索しております。


トップにはおすすめのものが載っていたりと・・・

え?0円なの?!

もらいたい人もいれば、また、ただでもいいから譲りたい人もいるということですね。
確かに大きな家具や家電は、処分するのにも多少なりともお金がかかってしまいます。
それを、必要としているひとにゆっずってしまおうという、なんと合理的な掲示板でしょうか。

早速管理人も、ソファーをさがしていたので、オファーをかけてみることにしました。
譲っていただくのもすごく簡単。
出品されている方の連絡先が載っていますので、直接連絡をさせていただき、日程や受け取り方を相談させていただいたら、後はその日が来るのを待つだけというシンプルなものです。

実際に、トラブルなどになることがないとはいえないようですが、基本的には、出品されている方も処分に困っている方たちなので、そこはお互いの信頼に任せるしかないです。

また、商品によってはあまり状態がよくないこともあるようですが、0円なので、そこは多少目を瞑ろうと決めている管理人なのでした。

気になる方は、ぜひ一度「ジモティー」で検索してみてください。▼
http://jmty.jp/osaka/sale-fur/article-28vvy



 

一人暮らしの準備 その2 ~お金がないなら、とりあえず用意する家電は、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ~

こんにちは、管理人のひろたかです。
本日は、昨日に引き続き、一人暮らしの準備 パート2ということで進めさせていただきたいと思います(*・ω・)ノ 


▼昨日の記事が気になってくださった方はこちらから▼

一人暮らしの準備 その1




さて、今回のテーマは、「お金がないなら、とりあえず用意する家電は、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ」ということです。アラサーに片足を突っ込んでしまった管理人ですが、恥ずかしながらこれまで実家を出たことがなく、家事もろくにできない可能性が自分自身でも懸念しております。

そこで、社内の一人暮らしの先輩の方々にお話を伺ったところ、美人受付嬢のお姉さまからのアドバイスをいただきました。「一人暮らしをするにしても、絶対に冷蔵庫と洗濯機、電子レンジは買っておかないと大変だよ!」とのこと。

なるほど、日ごろよく使いますもんねー。なんて思いながらお話を聞いておりました。
で、お姉さまのお話を自分なりの解釈でまとめると以下のとおりです。

1.冷蔵庫:
冷蔵庫は、自炊するならば必ず必要になってくる。特に、作り置きなどでジップロックのタッパーに保存して一週間も足すためには、お部屋にあわせてできるだけ大きいものを選ぶのが重要。また、冷蔵室の大きさもポイントで、 30リットルくらいの冷蔵室のものだと、炊いたご飯・アイス・氷を入れただけでパンパンになってしまう可能性が高いので注意が必要。

2. 洗濯機:
洗濯機に関しては、できれば新品のほうが気分的にいいよ、とのこと。また、サイズは男性ならば5キロ以内のもので十分。しかし、一週間分を週末に一度に洗うという方には、7キロくらいがお勧めとのこと。ドラム式洗濯機と縦型の洗濯機の大きな違いは、衣服同士が絡まりやすいかどうかが一番大きな違いだとか。衣服を長持ちさせたいならドラム式がお勧めとのこと。

3.電子レンジ:
間違いなく、一人暮らしでの利用頻度が一番高い家電だとのこと。特にサイズ間が重要で、自炊をするならば、断然25リットル以上のものを選ぶべきだとのこと。ターンテーブルタイプか回らないタイプかの選択は、掃除がらくなため、回らないほうがいいとのこと。
 

以上、お姉さまのお話をまとめました。
なるほど、勉強になりました。


特に、この3点は、電気屋さんでも新生活応援セットなどで、個別に買うよりもお安く買えたりもするみたいなので、一度電気屋さんへ行って見て回るのもいいかもしれません。

ほかにも重要な家電はあるみたいですが、とりあえずはこの3点をそろえておけば安心ではないでしょうか。


TypeF-022

 
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ