一人暮らしライフを満喫するための情報を発信するブログ、略して『ヒトラフ』。 ビジネスに恋愛に生活に、自由気ままに一人暮らしを満喫しちゃうための情報を随時発信していきたいと思います! ビジネスや、恋愛、一人暮らしに役立つマル得情報をオールジャンルで発信していきます! みなさんも一人暮らしライフを満喫しちゃいましょう!

名言

リンカーンの名言紹介

こんばんわ、管理人のひろたかです。

先日、映画ビリギャルの記事を書かせていただきました。
もともと私は、同志社大学の政治学科を出ており、アメリカ史を専攻していたこともあり、
エイブラハムリンカーンに関して、少し知識を持っておりました。
ですので、ビリギャルに出てきた「 意志あるところに道は開ける」という名言に関しても
聞いた瞬間に、リンカーンだな!と思ったものですが、案外ぱっと出てこない人のほうが多いですよね。

ということで、本日は、僕の結構好きなリンカーンを紹介させていただこうかなと思いますw

リンカーンの本名は、「エイブラハム・リンカーン 」といいます。
みなさん一度は、耳にされたこともあるのではないでしょうか?
それまで奴隷制度が横行していたアメリカで南北戦争を指揮し、奴隷解放宣言をしたアメリカ合衆国16代大統領として、小学校の教科書にも載っています。

ファーストネームの「エイブラハム」は、英語表記すると「Abraham」
アブラハムとも読みますね。
ちなみに、アブラハムはユダヤ人の渓流を組む名前に多いのですが、リンカーンは、もっぱらのアメリカ人であり、生まれも育ちも、ケンタッキー州の人物です。

リンカーンは、1809年ケンタッキー州の農民の両親の元に生まれ、成人するまで、ほぼ独学で学問を学び、生きてきました。
イメージしやすいように、1809年の日本はどんな時代だったかというと、江戸時代後期にあたります。
イギリスの軍艦、フェートン号が長崎に侵入したフェートン号事件があったのが、1805年になりますので、日本は鎖国真っ只中の時代だったと思ってもらえればイメージしやすいかと思います。

リンカーン23歳の時、初めて政治の世界に進出しようとしますが、一度は落選します。 
そして、その時、政治家になれなかったときに選んだ道が弁護士。
独学で弁護士になるという、現在ではほぼ奇跡というようなことをしています。
まあ、天才の一人だったのでしょうね。

そして、その2年後の1834年、二度目の出馬で州議会議員(日本でいう県議会議員)に当選、1846年には、下院議員になり、国政界へと名を連ねました。

大統領になったのは、南北戦争の始まるちょうど一年前の1860年でした。



リンカーンは数多くの名言を残している大統領の一人として有名ですが、
どうしてそんなに有名になったかというと、僕は二つ理由を考えています。
①結構男前だったため、みんなが真似をして、あちこちで言っていたのではないか?

 CI0003

これが一番有名な写真ではないかと思います。
なかなか渋さのにじみ出る表情ですよね!
管理人もこういう渋さを身につけたいなと思います。



②演説でのスピーチも魅力的で、聴衆を魅了するスピーチをしていた
リンカーンのスピーチは、魅力的で有名です。
力強い演説と、弁護士時代に習得した論理的な展開の演説で、聴衆を魅了していったと記録があります。 




そんなリンカーンの名言のなかでも僕が一番好きな言葉を紹介したいと思います。

事を成し遂げる秘訣は、ただ一つの事に集中することにあり。」 
 
まあ、要は、いろいろなことに手を出しても結局は、何も手に入ることはないですよということです。
同じ意味に、二兎を追うものは一兎をも得ずという言葉があります。

いくつかのことを欲張ってしようとすると、どちらも失敗してしまったり、中途半端に終わってしまうことが多いです。それは、仕事も恋愛も然りということかなと思います。

好奇心旺盛な管理人にとって、たくさんのことに目が行ってしまうことはよくあるのですが、この言葉を思い出し、ひとつづつ、片づけていく意識をもっていければと思います。


 

感動すること間違いなし!一世を風靡した映画“ビリギャル”がやっぱり面白かった

『ビリギャル』
 
かなり話題になっていたので、どんな映画かということをご紹介します。
ストーリーは、素行不良のギャルで、高校2年生で小学4年生程度の学力しかなかった少女、塾講師坪田の指導を受け、慶應義塾大学に現役合格するまでを描いた実話がもとになった映画です。

映画館でやっているときは、受験のノウハウや、受験勉強だけに特化した映画かな?と思い、見ていませんでしたが、実際に見てみて、かなり面白く、ストーリーが進むにつれて、感情移入していき、最後、慶応大学に無事に合格するとき、感動しすぎて泣きかけてしまいました。

映画の中では、不良少女が周りの人に支えられながら、受験合格にいたるまで、さまざまな葛藤を詳細に描かれています。
さやかと、塾講師坪田の二人が中心にして描かれている内容ではありますが、そこに、母親の愛情や、家族の協力、友達の協力と愛など、さまざまな人間関係があり、受験映画だと毛嫌いしてしまっていた自分が恥ずかしいです。


6


映画の中で、特に僕が印象的に残っている言葉は二つ
① 世界中のみんなが敵に回ってもあなたの味方
さやかが慶応に入ると勉強することになったとき、はじめから終りまで合格することを信じ、応援する母親が、苦しんでいるさやかに対して言った一言です。
素行不良で学校に呼び出されても、さやかを庇い、さやかが塾に行くための費用を稼ぐため、お昼のパートだけではなく、夜には、宅急便会社での肉体労働もするなど、さやかが合格するために身を削って支えています。
本当に母親は偉大だなと実感します。

②意志あるところに道は開ける
塾講師坪田がさやかに送った言葉。もとは、リンカーンの「Where there's a will, there's a way. 」
という名言で、映画でもさやかがあきらめることをしないように、最後まで頑張れば道は開けるようにと、なんどか登場する言葉になっています。


自分には、可能性がある。そして、その可能性は、自分を信じて、あきらめなければ、必ず報われると考えさせられた映画でした。
マイベスト映画TOP5に入れたいと思います!


 

 
 
-------------------------------------------
人気投票受付中です☆ぜひ押してください(*^_^*)
 
20代サラリーマン ブログランキングへ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ