学生さんや社会人さんにとって、カラオケは切っても切り離せないイベントです。


みなさんも飲み会の後はカラオケに行くことってよくあることではないでしょうか??

自分が音痴で、カラオケが下手な人にとっては、カラオケに行くことは本当に嫌ですよね。

飲み会の時から「誰もカラオケに行こう!なんて言い出すなよ!」と心の声がずっと聞こえていたりしませんか??

そんな状態だと飲み会自体も楽しめませんよね。


今回は、本当に歌が下手でどうしようもなくカラオケが嫌いだという方へ

すこしの練習でカラオケがメキメキ上手になっていく練習方法をお伝えしたいと思います(^^)/

まずは自分がどのような部分で下手くそなのか確認してみましょう。

歌が下手くそな人の特徴

①喉から声を出している

②音程が合わない

③高い声がうまく出せない

④リズム感がない

⑤声が前に向かっていない

本当に歌が下手な人は、全部当てはまるのではないでしょうか??

また、音程やリズム感は取れているのに、なんだかナルシストっぽく聞こえているという人は、①と⑤に当てはまっていたりします。


まずは正しい声の出し方をマスターするべし
下手くそさんは、自分がイメージした声、思った通りの声が出ていない人が多いです。

ポイントは、腹式呼吸口を大きく開けて歌うこと

「また腹式呼吸か・・・」なんて言わないでください。

自分なりにはしっかりと声を出して歌っているよ!という人も、腹式呼吸ができている人とできていない人がいるものです。

そもそも歌を歌うときに腹式呼吸ができるかどうかはかなりの重要度を占めています

まずは基本をマスターするつもりで練習してください。

喉から声を出している状態だと、薄っぺらい歌声になってしまうだけでなく、すぐに喉を傷めてしまうことにもなります。

腹式呼吸ってよくわからない・・・という人は、おへそに両手を当ててまずは普通に呼吸をしてみてください。

息を吸い込んだタイミングに合わせてお腹が膨らみ、吐くときにお腹へこむ人は、普段から腹式呼吸ができているので、カラオケ中も落ち着いて同じように腹式呼吸で歌えれば、まずはクリアです。

一方、普通に呼吸するときに腹式呼吸になっていない人は、まずは腹式呼吸のコツを身に着けてみましょう


先ほどと同じように、両手をおへそのあたりにおいて息を吸い込んでください。

この時に、意識的にお腹を膨らませるようにし、限界まで息を吸い込みます。

そして、息を大きく吸ったら、ふっーとお腹をへこませるように息を吐いてください


呼吸に合わせて、お腹を膨らませたりへこませたりできましたか??

それが腹式呼吸です。

これを無意識にできるようになれば、カラオケでも力いっぱい歌うことができるようになります。




次に、口を大きく開けて歌うことです。

口を大きく開けることで何が変わるの?と思われた方もいますよね。

その狙いは、声を遠くに飛ばすこと、そして、腹式呼吸で吸い込んだ空気を効率的にすべて声に変換できるようイメージするためです。

とまあ、本当は口を開けるのではなくて、喉を開くということが本来の目的です。

ただ、喉を開くってどうゆうこと?となっちゃうので、口をおっきく開けて、声を遠くまで飛ばすイメージを持つことをお勧めしています。

腹式呼吸と、口(喉)を大きく開けて声を出すことで、下手くそさんだったあなたの声が一気に変わることになります。

また、思い通りの声が出せるようになれば、本当にカラオケが好きになってきますよ♪


音程をとる練習
腹式呼吸と、口を大きく開ける歌い方で、イメージ通りの声が出せるようになれば、あとはカラオケの音に合わせて歌うだけ!

なのですが、そもそも音程がわからない・・・・という方のために、簡単に音程がわかるようになる練習方法を紹介します。

そもそも、正しい音程で歌えていないと思っている方は、

1.音程はわかっているが、思い通りの声が出せていないパターン
2.音程自体が聞き取れておらず、どの高さの声を出せばいいかわからないパターン

の2種類があります。

1のパターンに関しては、上記の腹式呼吸と口を大きく開ける歌い方でイメージ通りの声が出せるようになれば解決しますが、2のパターンの人は別の練習が必要です。

そして、この練習もとてもお手軽に取り組むことができ、毎日の通勤時間にでもすれば、朝からさわやかな出社ができること間違いなしです(^◇^)


練習方法は、以下の通り。

①まずは、自分の好きな音楽をiPodや携帯電話に入れて、イヤホンで聞いてください。
②音楽を聴きながら歌のメロディに合わせてハミングをしてください。

音程をとる練習はたったこれだけです。

ハミングとは、鼻歌のことです。

「ふふーん、ふーふーん」みたいな感じですね。

ハミングをするメリットは、口を開けて声を出すことに比べて、自分の声が聞き取りやすいことにあります。

ハミングの音程とイヤホンから流れてくる歌の音程が合うようになって来れば、音程をとれるようになっった証拠です。


電車の中などでやっていると周りから変な人と思われてしまうので注意してくださいね。

ハミングで音程をとれるようになれば、あとは実際に声に出して歌うだけです。

わざわざカラオケに行かなくても、歌を聴きながら声に出してみて歌うだけでも効果ありなので、どんどん実戦練習を繰り返していけば、みるみる歌が上達していくはずです!!


まとめ
このように、カラオケを上達させることはとっても簡単です。

①腹式呼吸で声を出す練習をする
②口(喉)を大きく開けて、声を遠くまで飛ばす練習をする
③ハミングで、音程をとる練習をする

たった3ステップだけで超苦手だったカラオケが好きになってきたら儲けもんですよね。

「歌が下手だからカラオケなんか行きたくないよー」なんてもったいない考え方をしていた方も「カラオケ大好き!」と思っていただけるようになればうれしいです(^^♪




自宅で一人でカラオケの練習がしたいという人には
ここまでやるか!?という気はしますが、やっぱり自宅で事前にしっかり歌えるように練習したい!という方には、「一人カラオケマイク 防音マイク ミュートセット VMM-150」 という商品を紹介したいと思います。



この商品は何がすごいかというと、防音マイクがついていて、大きな声を出しても、近所迷惑にならない!という優れもの。

まあ、5,000円前後するので、一人でカラオケ行ったほうがいい気もしますが、自宅で練習したいんだ!という方にはお勧めかもしれないですね。


                        




-------------------------------------------
人気投票受付中です☆ぜひ押してください(*^_^*)
 
20代サラリーマン ブログランキングへ